看護師のための胃潰瘍大辞典

胃潰瘍の治療

胃潰瘍の治療は、ヘリコバクター・ピロリ感染があるかどうか、
非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)服用をしているかどうかなど、
まず、胃潰瘍の原因を探します。

 

そして、原因を検索した後、「改定胃潰瘍診療ガイドライン」の
「胃潰瘍診療のフローチャート」に沿って治療を行います。

 

胃潰瘍は、合併症がなければ、内服治療を行い、
合併症に対しては、外科的療法を行います。

 

胃潰瘍の出血があれば、内視鏡的止血法、
穿孔・狭窄があれば外科的手術を行います。

 

胃・十二指腸潰瘍のおもな治療/薬物療法(内科的治療)

 

胃・十二指腸潰瘍のおもな内科的治療には、以下のような治療法があります。

 

(1) ヘリコバクター・ピロリ感染(陰性)の場合

 

  除菌療法として、プロトンポンプ阻害薬(PPI)と
 アモキシシリン(AMPC)とクリスロマイシン(CAM)の
 3剤療法(7日間連続投与)が奨励されます。

 

(2) ヘリコバクター・ピロリ感染(陰性)、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)服用の場合

 

  服用を中止します。

 

(3) 非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)服用中止が不可能な場合

 

  酸分泌、特に夜間の酸分泌を抑制することが重要です。
  プロトンポンプ阻害薬(PPI)、
  プロスタグラジン製剤(PG製剤)を使用して治療します。

 

(4) 非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)服用なしの場合

 

  @プロトンポンプ阻害薬(PPI)
  AH2受容体拮抗薬
  などを使用して治療します。

 

胃・十二指腸潰瘍のおもな治療/合併症に対する治療(内科・外科的療法)

 

胃・十二指腸潰瘍の合併症に対する治療には、以下のような治療法があります。

 

(1) 出血に対する治療

 

  内視鏡的止血法 : 内視鏡的止血法は、活動性出血、湧出性出血、
           露出血管を有するものに対して行う治療法です。

 

            高張性ナトリウム−エピネフリン法や
           純エタノール法などの薬剤局所注入法、
           高周波電気凝固止血法、レーザー法などの熱凝固止血法、
           機械的止血法であるクリップ法、
           アルギン酸ナトリウム散布法、
           トロンビン散布法などの薬剤散布法を実施します。

 

(2) 穿孔に対する治療

 

  緊急開腹術を行ういます。
  近年は、多くの例で薬物療法によって潰瘍が治癒し、
 浮腫が消退して通過障害が改善するので、手術例は減少しています。

 

(3) 幽門狭窄に対する治療

 

  内視鏡的バルーン拡張術、外科的手術を行います。