看護師のための胃潰瘍大辞典

ピロリ菌除菌治療の保険適用について

胃がんや、胃・十二指腸潰瘍などの胃疾患の原因菌として知られる
ヘリコバクター・ピロリ菌は、
感染している場合は除菌治療が有効だとされていきました。

 

ですが、今までは除菌は慢性胃炎からさらに進行した
胃・十二指腸潰瘍になるまで、保険適用ではありませんでした。

 

しかし、症状が軽い患者さんでも、
除菌によって胃炎が改善されるという報告を受け、
2013年2月からヘリコバクター・ピロリ感染胃炎が保険病名として認められ、
呼気試験などによるピロリ菌感染と、
内視鏡での胃炎の確認によって除菌治療が保険適用されるようになっています。

 

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の早期の除菌によって、
胃がんになる患者酸を減らすことができると期待されています。

 

*2次除菌までが保険適用です。

除菌治療

・1次除菌 : プロトンポンプ阻害薬
        抗菌薬(アモキシシリン・クラリスロマイシン)

 

・除菌判定試験 : 除菌治療の4週間以上後

 

・2次除菌 : プロトンポンプ阻害薬
        抗菌薬(アモキシシリン・メトロニダゾール)